ブログを書く際に必至となる文章スキル

どうも。
超絶人気ブロガーのクロロです。

ブログを始めたばかりの人は、とりあえず自由に文書を書いてほしいと思うんだけど、
それが半年~1年経ってきた時に、そこからさらにレベルアップして、より多くの人にブログを読んでもらいたいと思った時に、必至となる文書スキルについてを書いていこうと思う。

-----sponsored link-----

ブログを書く際に必至となる文章スキル

「読みやすさを追求する」

これにつきる。
読みにくいブログはその時点でダメ。

今の世の中、無料ブログ以外においては、無料動画、無料マンガ、無料ゲームなど、無料なもので溢れている。
世の中、不景気不景気とはいわれているけど、安くて楽しめるものが世の中に溢れているので、そういう意味ではお金がなくても「余暇」や「娯楽」が楽しめる時代であるわけだ。

それだけ、無料で楽しめるものが溢れている今の時代において、
読みにくいブログを好んで読む人など、この世には存在しない。

例えば、西野カナなど、そういった芸能人のブログであれば、多少は文章が読みづらくても、ファンであれば喜んで読むだろう。

また、無名の一般人であっても、mixiやフェイスブックで、あなたが何かの日記を書いたのであれば、多少はその文章が読みにくくても、知り合いであれば見てくれると思う。

しかし、あなたは芸能人ではなく、一般人であり、
読者も、友達のみならず、もっと多くの不特定多数を相手にしていくと考えた時に、
読みやすい記事を書くということは、必至となってくるわけである。

もちろん、書いてある内容の質も重要な要素ではあるのだが、
内容の質が良いというのは“もはや当たり前の話”であり、その前提として“読みやすい文章”を書かなければならないのだ。

読みやすい文章を書くために心掛けること

重要項目
私が、毎日ブログを書いているなかで、読みやすい文章を書くためのテクニックというものは、日々変化している。
例えば、美容師が世の中の流行に対応する為に、日々閉店後に練習をするのと同じように、私自身もブログを書いているなかで、様々な経験や影響を元に方法論を変化させている。

だから「読みやすい文章を書くために心掛けること」とはいっても、それは日々変化するものであるということは頭に入れてほしい。
その上で、その条件を挙げるとしたら以下のようなものになる。

・ひらがなと漢字を意識的に使い分ける

・文字の色や大きさを効果的に変えていく

・改行や行間を意識する

・効果的な画像を挿入する

・言い逃れがましい文脈を書かない

・反復して同じ文字を使わない

・語尾にこだわる

各項目に対して、ここで説明してしまうと尺が長すぎてしまうので、他の記事で詳しく解説しようと思うのだが、とりあえずは、

①ブログを始めて半年~1年は好き勝手に書く
②その後のステップアップとして読みやすい文章を書くために上記の項目を意識する

という程度でOKだ。

文章スキルにおいてよくある間違い

あと、ついでに言っておくと、
「文法の知識」などは、ブログで必要な文章能力においてまったく関係がないので、気にしなくてよい。

例えば、小説やビジネス書などの読み物においては、ほぼ完璧な文法を使っていることと思うが、ブログにおいてはそのような知識がなくても書いているうちに自然と身についてくるものなので、心配する必要がないし勉強する必要もない。

もし、小説やビジネス書や論文といったコンテンツを作るのであれば、最低限の文法を習得する必要があるのかもしれないが、ブログを書くにあたってはそのような知識は必要ないのである。

とりあえず、日本語さえ話せれば良い。
あと、ツイッターでツイートできるレベルであれば問題ないのである。

もちろん、内容をより分かりやすく読者に伝える為の技術として、文法が必要になると考える人がいるかもしれないが、そういったことは気にする必要がないのだ。

っていうのも、まず記事を書けば書くほど、そのようなスキルは勝手に身についてくる。
それっていうのは、文法を勉強してとかじゃなくて、書くことによって身につくのである。

例えば、会議や朝礼など、大勢の前で話をする人ほど、人前で話す能力が身についてくるというのと一緒。
「話術」や「文法」も似たようなものなんで、知識を付けるというか、まずは回数を重ねることが最も重要となるのだ。

あと、最後に、
「誤字」とか「漢字の間違い」などについても、まったく気にする必要はない。

誤字

例えば、記事内の「誤字」や「漢字の間違い」を偉そうに指摘して、
「よくそれで人様に対して記事を書けますね」「記事を書く前に漢字や文法の勉強をしてください」なんてコメントを書く奴がいるけど、「誤字」とか「漢字の間違い」なんてアクセスとは何の関係もないから気にする必要はない。

こういった指摘をする奴は、ブログのことは何もわかってない。
そして、テメエではブログなどを一切やってなく、他人のブログを見て、間違いを指摘することによって優越感に浸っているタイプの人間が多い。

まず「誤字脱字」においては、どんな文豪であれ何千~何万文字と書いていると必ず存在するものである。

であるから、例えば、小説であったらそれが出版される前に、スタッフが何重にも文章をチェックしてから出版するわけで、その何重のチェックをもってしてもいくつかの「誤字脱字」が存在するものなのだ。

誤字

だから、個人的レベルのブログであれば、そんなものは存在して当たり前。
もちろん、私自身もブログを書き上げて予約投稿する際に、プレビューで20分前後掛けて文章をチェックしているが、それでも記事がアップされた時に読み直すと必ず2~3ヶ所は「誤字脱字」が存在するものなのである。

だから、「誤字」とか「漢字の間違い」などを気にする必要はない。
もちろん、記事を書き終えたあとに、プレビューでチェックするべきだが、公開後に間違った箇所があったからといって気にする必要はないのである。

そして、ブログにおいては、そういったどうでもいいミスよりも、もっと大切なことが沢山あるので、そちらに意識を傾けてほしい。

---sponsored link---

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。